「過労死ライン=月80時間」変わるか 厚労省、20年ぶりに労災基準の見直し検討会

有料会員記事

[PR]

 脳や心臓の病気を発症した働き手が労働災害を申請した場合の認定基準について、厚生労働省が20年ぶりの見直しを進めています。とくに働き過ぎだったか否かの判断材料として存在感の大きい「過労死ライン」の行方が注目されます。

 ■残業時間届かず、相次ぐ不認定

 岐阜県で建築関係の仕事をしていた50代男性は…

この記事は有料会員記事です。残り1858文字有料会員になると続きをお読みいただけます。