コオロギ「死んだふり」のナゾ、押さえたぞ 「呪い」に苦しんだ助教、研究成果を出版

有料会員記事

[PR]

 コオロギを指でつまむと、死んだように動かなくなる――。昆虫の擬死(ぎし)と呼ばれる習性のしくみが、北海道大の西野浩史助教(52)らの研究でわかってきた。コオロギに触りすぎてアレルギーになり、いまは研究から遠ざかっているが、一連の成果をまとめた専門書がこのほど出版された。

 コオロギが「死んだふり」…

この記事は有料会員記事です。残り667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。