ドリトル先生 ガラパゴスを救う:64 福岡伸一 気球飛行 3

有料会員記事

[PR]

 ドリトル先生が気球のバルブのねじを少しだけ緩(ゆる)めたのは、希ガスをほんの少しだけ抜いて、上昇の力を抑(おさ)えるためです。でもこれをやりすぎると希ガスが抜けすぎて気球が下がりすぎます。その場合は石の重りを捨てなければなりません。そのあたりの調整はかなり神経を使います。

 ドリトル先生はもともと…

この記事は有料会員記事です。残り817文字有料会員になると続きをお読みいただけます。