(TOKYO2020+1)夜間開催「無観客を」 会場抱える自治体、懸念

有料会員記事

[PR]

 ■開幕まで29日

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会が条件付きで有観客での実施を決めたことを受け、競技会場を抱える自治体から懸念が噴出している。23日に都内で開かれた連絡協議会で、夜の競技を無観客にすることなど要望が相次いだ。

 埼玉県の大野元裕知事は協議会後、午後9時以降の競技開催につい…

この記事は有料会員記事です。残り262文字有料会員になると続きをお読みいただけます。