斉藤和義、コロナ禍の今へ 新作アルバム携えツアー 政治や言論への怒り、さらり歌う

有料会員記事

[PR]

 斉藤和義は、今年3月に発売した新作アルバム「55 STONES」を携えて全国ツアーを回っている。アルバムに収録された8分以上にのぼる楽曲「2020 DIARY」では、国や社会への怒りを歌う。かつて原発を批判する歌を作るなど、日本のミュージシャンとしては異例のスタンスを貫き、たびたび社会へのメッセー…

この記事は有料会員記事です。残り1516文字有料会員になると続きをお読みいただけます。