(評・舞台)正門別会特別公演「観世清和独演翁付五番能」 正統的な能の姿、洗練の極致

有料会員記事

[PR]

 天下を寿(ことほ)ぐ祝祷(しゅくとう)の「翁」に始まり、「高砂・清経・羽衣・卒都婆小町・石橋」と続く番組は、実に11時間近くにも及んだ。その「翁」付き能五番のシテを、室町・江戸期の伝統に則(のっと)り、すべて一人で勤めるという離れ業をやってのけたのは、二十六世観世宗家の観世清和である(20日、東京…

この記事は有料会員記事です。残り609文字有料会員になると続きをお読みいただけます。