酒類提供、見直し示唆 官房長官、都内感染再拡大なら

有料会員記事

[PR]

 東京都内での新型コロナウイルス感染症の再拡大について、加藤勝信官房長官は24日午前の記者会見で、「感染状況に高い警戒感を持って注視し、必要があれば対策の強化を含め機動的な対処を行っていく」と述べ、感染状況によっては酒類提供の見直しなどに踏み込む可能性を示唆した。

 加藤氏は、感染状況が「ステージ4…

この記事は有料会員記事です。残り86文字有料会員になると続きをお読みいただけます。