JOCにサイバー攻撃 一時業務停止、公表せず

有料会員記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックの1年延期が決まった直後の昨年4月、日本オリンピック委員会(JOC)がサイバー攻撃を受け、業務が停止する被害を受けていたことがJOCへの取材でわかった。事務局のパソコンやサーバーをすべて入れ替え、業務を再開したという。JOCは内部情報の流出はなかったと判断し、被害を公表して…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。