2人はね殺害、死刑判決 「無差別で人命軽視」 福島地裁支部

有料会員記事

[PR]

 福島県の国道で昨年5月、清掃ボランティア中の男女2人をトラックで故意にはねて殺害したとして、殺人などの罪に問われた住居不定、無職盛藤吉高被告(51)の裁判員裁判の判決が24日、福島地裁郡山支部であった。小野寺健太裁判長は「無差別に狙った2人を殺害し、人命軽視の程度が甚だしい」として、求刑通り死刑を…

この記事は有料会員記事です。残り188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。