デルタ株猛威 東南アジア、ワクチン確保遅れ 欧州、規制再強化の国も

有料会員記事

[PR]

 インドで確認された新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)が世界で猛威を振るっている。「ワクチン先進国」や、感染を抑え込んできたコロナ対策の「優等生」の国々でも勢いが止まらず、世界は「変異株」の恐ろしさに直面している。

 ■東南アジア

 インドネシアの首都ジャカルタの北部にある公共墓地の一角に、コ…

この記事は有料会員記事です。残り2432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。