着床前診断、対象拡大へ 成人後に発症する遺伝病も

有料会員記事

[PR]

 受精卵の段階で遺伝情報を調べ、重い遺伝病にならない受精卵を子宮に戻す「着床前診断」について、日本産科婦人科学会(日産婦)は、対象を広げる方針を決めた。成人になるまでに命を落としかねない病気などに限ってきたが、条件をつけて成人後に発症する病気も認める。26日の定時総会後の会見で明らかにした。学会内で…

この記事は有料会員記事です。残り587文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!