テレワーク、追いつかない役所対応 延長保育「対象外」、実態と合わず

有料会員記事

[PR]

 コロナ下、政府は「出勤者数の7割削減」を目標に掲げてテレワーク推進の旗を振っています。実際に在宅で無理なく仕事ができるかは、職場や家庭など、さまざまな事情に左右されるものです。役所の対応に振り回され、釈然としない思いを抱えたケースを取材しました。

 東京都大田区に住む千葉商科大学准教授の常見陽平…

この記事は有料会員記事です。残り1833文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    常見陽平
    (千葉商科大学准教授・働き方評論家)
    2021年6月28日15時53分 投稿
    【提案】

    感染症対策のために、テレワークの推進が叫ばれておりますが、まず前提として業種・職種や企業規模によってはまだまだテレワークが浸透していないのが現実です。一方で、テレワークの急激な拡大に社会システムが対応しきれていないのも現実です。この保育をめ