(けいざい+)迷走する東芝:3 経産省の「圧力」、社長は続投

有料記事

[PR]

 東芝の昨夏の株主総会に向けて、東芝株の約15%を握っていたエフィッシモ・キャピタル・マネージメントが、独自の取締役人事案を出した。株主提案が通るのか、社長の車谷暢昭は続投できるのか。総会の焦点が定まった。昨年5月19日のことだ。

 東芝と経済産業省、エフィッシモなどのファンド側。その生々しいやりと…

この記事は有料記事です。残り946文字有料会員になると続きをお読みいただけます。