大野和士、オペラ率いる熱い夏 古典・中世・近未来、3作を指揮 「苦境の今こそ、美しい芸術を」=訂正・おわびあり

有料会員記事

[PR]

 この夏に三つの重量級のオペラを率いる指揮者は、世界でも恐らくこの人だけだろう。「古典の名作と、近未来の世界を描く新作の間に、中世の歌合戦の世界が入ってくる。我ながらむちゃくちゃです」と笑う目の奥に、強い意志の光が宿る。

 この夏は、大野和士の長年の夢がいくつかかなう夏でもある。新国立劇場「カルメ…

この記事は有料会員記事です。残り1279文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら