祈りの宮古民謡、未来へ繋ぐ 松原忠之

有料会員記事

[PR]

 ユネスコ国連教育科学文化機関)の消滅危機言語で「危険」のランクに分類される沖縄・宮古島の「宮古語」。この言葉を用いた宮古民謡の次代を担う歌手として期待されるのが、元ラッパーという異色の経歴を持つ28歳、松原忠之だ。

 5月に他界した宮古民謡を代表する歌手・国吉源次氏に8歳から12年間師事した。宮…

この記事は有料会員記事です。残り449文字有料会員になると続きをお読みいただけます。