非製造業、5期ぶりプラス 苦境底打ちの兆し 6月短観

有料会員記事

[PR]

 日本銀行が1日発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、代表的な指標の大企業・製造業の業況判断指数(DI)が前回(3月)から9ポイント上向いて14、非製造業が2ポイント上昇して1となった。ともに4四半期続けての改善で、非製造業がプラスに転じたのは5四半期ぶり。苦境が続く対面型サービス業で底…

この記事は有料会員記事です。残り831文字有料会員になると続きをお読みいただけます。