酒提供禁止、再び焦点 東京の夜の人出、急増 対応の遅れ、指摘も

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染再拡大が続く東京都で、飲食店での「酒類提供の禁止」が再び焦点となっている。緊急事態宣言が解除された先月21日以降は午後7時までの酒類提供が解禁され、繁華街での人出が増加。政府と都は危機感を強めており、専門家の意見も聞いたうえで判断する方針だ。▼1面参照

 「酒類の提供が可…

この記事は有料会員記事です。残り1258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。