(評・映画)「シンプルな情熱」 「危うい恋の病」の観察記録

有料会員記事

[PR]

 人間は感情の動物だ。巷(ちまた)で“モラル警察”が徘徊(はいかい)しようと、変わらない。原作は世界中で支持されたアニー・エルノーの小説(1991年)。時間軸を現在に移し、不義の恋に溺れる心情を一人称で描写する。

 「昨年の9月以降、ある男性を待つ他は何もしなくなった」。文学教師エレーヌ(レティシア…

この記事は有料会員記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。