(フカボリ)中絶、相手の同意不要だったが 「病院は必要と」、手術できず遺棄

有料会員記事

[PR]

 自分が産んだ赤ちゃんを遺棄したとして、名古屋地裁岡崎支部が愛知県西尾市の元看護学生(21)に有罪判決を言い渡した。元看護学生は裁判で、相手男性から中絶の同意書にサインが得られず、手術できなかったと証言した。しかし、今回は中絶に同意が必要だったのか? 背景を探った。

ここから続き

 昨年6月2日、市職員が公園の…

この記事は有料会員記事です。残り1380文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら