情報フォルダー

有料会員記事

[PR]

 ▼動物を原料とする膠(にかわ)は、絵画や建造物、工芸品、楽器の接着剤として使われてきた。武蔵野美術大学の共同研究を基に編まれた『膠を旅する』(内田あぐり監修、国書刊行会・4180円)は、大阪や東京、兵庫など皮革産業の現場を歩き、伝統的な生産が途絶えた膠の歴史をたどる。命を余すことなく使い切る営みを…

この記事は有料会員記事です。残り311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新刊フォルダー

この連載の一覧を見る