九州豪雨1年、晴れない心 救えなかった父、味継いでいく

有料会員記事

[PR]

 昨年7月、記録的な豪雨が九州を襲い、災害関連死を含めて79人が死亡し、2人が行方不明になった。熊本県を流れる球磨(くま)川の氾濫(はんらん)で父親を亡くした男性は、助けられなかったと自らを責める。叔母が行方不明になった夫婦は再会へのかすかな望みをつなぐ。あれから4日で1年。大切な人を思う気持ちは…

この記事は有料会員記事です。残り1495文字有料会員になると続きをお読みいただけます。