(大志 藤井聡太のいる時代)戴冠編:8 初の2日制、攻めきって「ふだん以上に疲労」

有料記事

[PR]

 藤井聡太(18)が挑戦者として臨む第61期王位戦七番勝負の第1局が2020年7月1日、愛知県豊橋市のホテルで始まった。藤井にとって二つ目のタイトル戦。並行して行われていた第91期棋聖戦五番勝負で、三冠の渡辺明(37)から2勝目を挙げた3日後のことだった。

 王位戦は持ち時間が8時間。4時間の棋聖戦…

この記事は有料記事です。残り661文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント