業績で交付金に差、国立大が異議 大学「教育に打ち込めず」 国「競争で改革を」

有料会員記事

[PR]

 国立大学に対し、教員の人件費や研究費として国から渡される「運営費交付金」。国が検討している来年度からの配分の方法に、国立大側が異を唱えている。最大の論点は、研究業績数などによって、大学への交付金額に差を付ける仕組みだ。国立大側は異例の「提言」を発表し、巻き返しを図ろうとしている。

 「国の政策を…

この記事は有料会員記事です。残り1559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら