(声)天声人語を読んで父を思う

有料記事

[PR]

 主婦 小西幸子(東京都 67)

 父の日(6月20日)の天声人語を読んだ。筆者自身の父が詠んだ短歌を取り上げていた。父の娘を思う気持ちと父を思う娘の気持ちにホロッとさせられた。

 今は亡き私の父は、外国航路の船員だった。仕事に出れば数カ月は帰宅しなかった。50年以上前のスマホなどがない時代。私たち…

この記事は有料記事です。残り226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。