「星野君の二塁打」読み解く本 ヒット打ったのに罰?道徳教材を分析

有料会員記事

[PR]

 少年野球で監督のバントの指示に従わなかった選手がメンバーから外される「星野君の二塁打」という児童小説がある。道徳の教科書にも使われているが、「監督への服従の押しつけだ」との批判も多い。戦後すぐに書かれた定番教材で描かれる「罪と罰」を、どう読めばいいのか。奈良女子大学の教員4人が今春、体育学心理学

この記事は有料会員記事です。残り1556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。