(天声人語)丁半ばくち

有料会員記事

[PR]

 丁半ばくちの最中、怒声が飛ぶ。そのさいころを見せてみろっ。かじると内部から鉛が出てくる。重心を調節し、特定の目が出やすくするいかさまで、ドラマや映画でおなじみだ▼もっと高度な方法もあるらしい。検事による事例研究『いかさま、騙(だま)しの技法』(井上馨著)には、昭和初期の「電気装置」が出てくる。丁ま…

この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載天声人語

この連載の一覧を見る