(声)国民に寄り添った「拝察」発言

有料会員記事

[PR]

 無職 鈴木広(神奈川県 72)

 宮内庁の西村泰彦長官は東京五輪パラリンピックについて、天皇陛下が新型コロナウイルスの感染状況を心配しているとし、「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と述べた。

 長官の発言について、こうした政治的問題は国民主権を侵害する危険性がある…

この記事は有料会員記事です。残り334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る