立憲・共産、「共闘」高まる声 都議選、候補一本化で12選挙区当選

有料会員記事

[PR]

 4日に投開票された東京都議選で、立憲民主党共産党が候補者を一本化した21選挙区(無投票を除く)のうち12選挙区で当選を果たし、「共闘」が一定の成果を出した。立憲を支援する連合には異論もあるが、今秋までにある衆院選に向けて、自民党よりも自力に劣る立憲内には、共産との共闘を求める声がいっそう強まって…

この記事は有料会員記事です。残り817文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら