小規模会場は有観客 五輪、大会関係者らは「別枠」 政府最終調整

有料会員記事

[PR]

 政府は東京五輪の観客について、国立競技場で行われる開会式や大規模会場を「無観客」とし、それ以外の規模の小さな会場を条件付きで「有観客」とする方向で最終調整に入った。開会式で1万人程度とされる国際オリンピック委員会(IOC)などの関係者やスポンサーら「別枠」については、できる限り圧縮したうえで入場を…

この記事は有料会員記事です。残り718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。