避難指示、分かれた判断 「警戒情報」発表中、熱海市は出さず 国が指針、決めるのは首長

有料会員記事

[PR]

 大規模な土石流で甚大な被害が出た静岡県熱海市では、発災のほぼ1日前に気象庁と県から「土砂災害警戒情報」が出されていたが、市は「避難指示」(レベル4)を出していなかった。避難情報をどう出すかは自治体の首長に委ねられており、今回、周辺の自治体でも判断が割れた。(山本孝興、藤牧幸一、山岸玲)▼1面参照

この記事は有料会員記事です。残り1428文字有料会員になると続きをお読みいただけます。