中国へ、無許可輸出未遂疑い モーター製造の社長、書類送検

有料記事

[PR]

 軍事転用が可能なモーターを中国に輸出しようとしたとして、警視庁は6日、電子機器製造会社「利根川精工」(東京都大田区)と同社社長の男性(90)を外国為替及び外国貿易法違反(無許可輸出未遂)容疑で書類送検し、発表した。

 公安部によると、同社は2020年6月、経済産業省に無許可で、モーター150個(計…

この記事は有料記事です。残り291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。