(あるきだす言葉たち)Green plum 木戸多美子

有料会員記事

[PR]

木に近づくと鳥たちが騒ぐ

影の抜けたまだらな光の中

球体の内部に満ちる果肉の静かな成長

ぷつ ぱき と

夜のうちに落ちた実を

真昼の月の下で拾い集める

木肌は梅雨を帯び

捻じれながら上へ向かう

鋭い羽ばたき

枝がたわみ 空が広がる

小さな湾のような青

ラジオの声が微(かす)かに聞こえる

モンシロチョ…

この記事は有料会員記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載あるきだす言葉たち

この連載の一覧を見る