宗教的なもの、形変え今も社会に 社会学者・奥井智之さんが新刊

有料会員記事

[PR]

 社会学者の奥井智之・亜細亜大学教授が5月に出版した『宗教社会学:神、それは社会である』(東京大学出版会)は、社会学の知見から「人間にとって宗教とは何であるのか」に迫った本だ。伝統社会で大きな影響力を持っていた宗教は、近代化と共に衰退してしまったのか。奥井さんは、宗教的なものは形を変えて、いまもスポ…

この記事は有料会員記事です。残り685文字有料会員になると続きをお読みいただけます。