(憲法季評)デジタル社会の「恵沢」 自由と権力、再考のとき 松尾陽

有料会員記事

[PR]

 過去の自分を思い出そうとする時、スマートフォンの中の写真を遡(さかのぼ)ってみるようになった。そこには、旅先の記録、おいしかったワインの銘柄などの写真が並ぶ。また、それらは、インターネット上に自動的に保存され、スマホが壊れても残り続ける。ネットの方が正確に、また、(人間の肉体がやがて死を迎えること…

この記事は有料会員記事です。残り1990文字有料会員になると続きをお読みいただけます。