(声)「拝察」発言、重い真摯な心情

有料記事

[PR]

 外交評論家 宮本信生(東京都 84)

 宮内庁の西村泰彦長官は6月24日、天皇陛下が名誉総裁を務める東京五輪パラリンピックについて、「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と述べた。これに対し、首相、官房長官、五輪担当相は「長官本人の見解」と冷ややかに突き放した。

 私…

この記事は有料記事です。残り352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!