土砂10年で5.6万立方メートル増、うち85%今回流出か 国土地理院が分析 熱海土石流

有料会員記事

[PR]

 静岡県熱海市で発生した土石流災害で、盛り土があった谷の最上流部の土砂が2009年からの10年間で約5万6千立方メートル増え、今回、その約85%にあたる4万7千立方メートル余が流出したとみられることが、ドローンを使った国土地理院の分析で分かった。静岡県も20年までの10年間で約5万4千立方メートルが…

この記事は有料会員記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら