ホテル避難「個室で安心」 体調管理に利点、長期化に不安も 熱海・土石流

有料会員記事

[PR]

 静岡県熱海市で起きた土石流では、市内の観光ホテル2カ所が避難所として使われ、被災者は個室などで過ごしている。災害時の避難所は学校の体育館や公民館などに設けられることが多く、環境の過酷さが指摘されてきた。観光地ならではの施策だが、今後の災害時の対応のモデルになるのか。

 512人が避難生活を送るの…

この記事は有料会員記事です。残り1519文字有料会員になると続きをお読みいただけます。