(評・音楽)濱田芳通「笛の楽園」 時空駆け、楽しい変奏の遊び

有料会員記事

[PR]

 これぞ、まさしく「笛の楽園」。各種リコーダーとコルネットを持ち替えながら、ピアノと繰り広げる対話は変幻自在だ。古今の音楽のスタイルを渉猟して、時空を駆け抜ける。濱田芳通によるリコーダー連続演奏会の最終日(6月30日、東京・ムジカーザ)。

 「笛の楽園」とはルネサンスの作曲家ヤコブ・ファン・エイクの…

この記事は有料会員記事です。残り559文字有料会員になると続きをお読みいただけます。