分断超え、ジャズから伸ばす枝 作曲家・挾間美帆、東京で公演

有料会員記事

[PR]

 ジャズとクラシック、その境界にそびえる壁を壊せるか。米国や欧州で活躍を続けるジャズ作曲家・挾間美帆が、編曲や指揮を務めるコンサート「NEO―SYMPHONIC JAZZ」を30日に東京・池袋の東京芸術劇場コンサートホールで開く。クラシック畑で育った挾間ならではの、両ジャンルを融合し、境界線を消して…

この記事は有料会員記事です。残り1126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。