自信のないゴッホに親近感 行定勲が舞台「リボルバー」演出

有料会員記事

[PR]

 アート小説家の書き下ろした物語を、映画監督が舞台化する。原田マハ作「リボルバー~誰が【ゴッホ】を撃ち抜いたんだ?~」を演出する行定勲は、演劇が創作の原点だったという。

 ゴッホとゴーギャンは印象派が広がっていた19世紀末のパリで意気投合、南仏で共同生活を営むが、すぐ破綻(はたん)したことで知られる…

この記事は有料会員記事です。残り637文字有料会員になると続きをお読みいただけます。