(新井紀子のメディア私評)G7にいる資格 言葉と論理で訴える気概あるか

会員記事

[PR]

 米ソの緊張が高まり、核戦争寸前に至った1962年「キューバ危機」のさなかに、私はこの世に生を受けた。人類存亡の危機のなか、そんなことを知る由もない私自身は、黄疸(おうだん)で死の淵をさまよっていた。二つの意味で、生後すぐに死んでいたかもしれない自分が還暦に近づいていると思うと、感慨深い。

 核戦争…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。