(評・映画)「アジアの天使」 日韓の家族をつなぐものは

有料会員記事

[PR]

 妻を病気で亡くした、売れない小説家の剛(池松壮亮)が、心機一転を期してソウルに到着する。なぜか一様に不機嫌な異国の人たちに戸惑いながらも「必要なのは相互理解だ」と自分に言い聞かせるように8歳の息子に語る剛だが、同地で暮らす兄(オダギリジョー)も頼りにならない。そんななか、細々と芸能活動を続ける傷心…

この記事は有料会員記事です。残り558文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載文化・芸能評

この連載の一覧を見る