(評・映画)「ライトハウス」 光と闇の中、鬼気迫る怪演

有料会員記事

[PR]

 「光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」(「ヨハネによる福音書」)。これは光と暗闇の戦いの物語である。

 登場人物はほとんど2人だけだ。米ニューイングランドの孤島に立つ灯台。その管理のために、2人の灯台守がやってくる。足の悪い初老の元水夫(ウィレム・デフォー)は粗野な態度で相方の青年…

この記事は有料会員記事です。残り539文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載文化・芸能評

この連載の一覧を見る