(声)三権分立、知った日の喜びどこへ

有料会員記事

[PR]

 無職 渡邉亮(熊本県 83)

 76年前の夏、終戦を迎えたとき、空襲を告げるサイレンの音に逃げ惑う恐怖から解放された。この心からの安堵(あんど)感は、今も忘れることができない。その後、学校で、「民主主義は独立した『立法・行政・司法』の三権分立という制度によって支えられる」と教わったときには、子供心…

この記事は有料会員記事です。残り352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る