(声)夫婦の姓、選べない現状が問題

有料会員記事

[PR]

 主婦 吉田早苗(埼玉県 69)

 人は生まれると、「姓名」というプレゼントをもらう。そしてその姓名は、最も個人に密着したアイデンティティーとなる。

 私は旧姓にほぼ愛着はなく、あまり好きではなかった元の家庭から出ていけるうれしさ。尊敬する夫の家族の姓になれることで、新しい姓にむしろ誇りさえ感じた…

この記事は有料会員記事です。残り322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る