「突出した才能の子」国が支援へ 学習に難、不登校例も

有料会員記事

[PR]

 「ギフテッド」と呼ばれる突出した才能に恵まれた子どもの教育支援を、文部科学省が検討し始めた。記憶力や言語能力、数学力などに優れながら、学校での学習に困難を抱え不登校になるケースなども指摘されてきた。どんな才能をもつ子を、どう支援するか――。有識者会議を設けて議論し、2年かけて検討する。

ここから続き

 米国では…

この記事は有料会員記事です。残り333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。