発電コスト最安、原子力→太陽光 経産省試算

有料会員記事

[PR]

 経済産業省は12日、2030年時点の電源別の発電コストについて新たな試算を公表した。原発は安全対策費の増加などを受けて、15年の前回試算より上昇し、最も安い電源は太陽光発電となる。太陽光は技術革新や大量導入などでコストが下がる見通しだ。太陽光のコストが原発を将来下回ることを経産省が試算で認めるのは…

この記事は有料会員記事です。残り582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。