「黒い雨」被爆認定、再び判断 広島高裁、きょう控訴審判決

有料会員記事

[PR]

 広島への原爆投下後、放射性物質を含む「黒い雨」を浴びたとして、住民ら84人が被爆者と認めるよう求めた集団訴訟の控訴審判決が14日、広島高裁である。爆心地から遠く、援護の対象区域外とされてきた84人全員を被爆者と認めた一審判決を受け、国は検討会を設置し、区域拡大を視野に検証を続けている。被爆から76…

この記事は有料会員記事です。残り1525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。