(時代の栞)日本残酷物語 1959~61年刊・宮本常一ほか監修 貧困・差別…苦しむ民衆の歴史

有料会員記事

[PR]

 ■悲惨な「生」、読み物として記録

 1959(昭和34)年11月、刊行が開始されるやいなや人々の心をとらえたシリーズが現れた。『日本残酷物語』全7巻だ。初版2万部の第1巻は刊行後1カ月間に毎週5千部ずつ増刷され、1年後には18刷まで刷りを重ねた。

 「残酷」は流行語となり、翌年公開の大島渚監督の…

この記事は有料会員記事です。残り2647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。