新疆関連との取引「米国法違反リスク」 バイデン政権が警告

有料会員記事

[PR]

 バイデン米政権は13日、中国政府による新疆ウイグル自治区での人権侵害や強制労働を巡る「勧告」を示し、「新疆と関連する供給網や事業、投資から退出しない企業や個人は、米国法違反に問われる高いリスクを冒すことになりうる」と強く警告した。衣料や太陽光電池などで原材料の調達を中国に頼る米国や日本などの企業は…

この記事は有料会員記事です。残り641文字有料会員になると続きをお読みいただけます。